ホワイトラグジュアリープレミアム,口コミ

シミ・黒ずみ・ごわつき・・・。美肌の邪魔する「カルボニルタンパク」

 

最近スキンケアの効きが悪い気が・・・。お肌トラブルが多い気が・・・。それはもしかしてカルボニルタンパクの仕業かもしれません。

 

カルボニルタンパク、聞きなれない言葉ですが、肌表面の角層が加齢により増加することで、お肌が黄色みを帯びてくすみが起こります。

 

この原因のひとつがカルボニルタンパクになります。

 

カルボニルタンパクは皮脂の酸化が原因なので肌表面に多くできます。

 

2種類の酸化タンパク

糖化反応

お肌の真皮層にあるコラーゲンが糖と結びついて色の変性を起こすことです。弾力などにも影響します。

 

カルボニルタンパク

皮脂が酸化されることがきっかけとなって、肌表面の角層にあるタンパクが酸化したものになります。

 

 

カルボニルタンパクが増える原因

カルボニルタンパクが増える原因は、太陽光線などの刺激や活性酵素によるものが考えられます。皮脂の表面でつくられるカルボニルタンパクは、太陽光線を浴びると活性酵素を生成して新たにカルボニルタンパクを作ります。これにより皮膚が乾燥して、さらにカルボニルタンパクが作られるという悪循環になります。負の連鎖を食い止めるための対策が必須です。

 

 

カルボニルタンパクを増やさない為のケアポイント

太陽光線を某防御するケア、保湿、そしてカルボニルタンパクを溜めないケアが重要になります。さまざまな要因で誘発されるという、カルボニルタンパクの生成。太陽光線を防御することに加えて、適度にカルボニルタンパクを除去するスキンケアが大切になります。

 

また、乾燥肌、脂性肌の人は注特に意が必要になります。

 

冬場の乾燥肌では、カルボニルタンパクが多いことが証明されています。さらにカルボニルタンパクがお肌の水分蒸散量を増やすので、乾燥状態が増長します。なので、乾燥肌対策は万全にしておきましょう!

 

カルボニルタンパク生成の引き金は皮脂の酸化によるものなので脂性肌の人も要注意です。乾燥しやすくなる冬前のケアがマストです。

 

 

>>ホワイトラグジュアリーは効果あり?なし?|TOPページ<<