買ってわかったホワイトラグジュアリープレミアムで効果出る人!出ない人!

ホワイトラグジュアリーを使っても効果がないなら生活習慣を見直してみましょう!

 

 

実際にホワイトラグジュアリーを購入してみて、一番不安なのはやっぱり

 

使い方をちゃんと守ってるのに全然効果を感じない
使ってから逆に悪化した
使ってみたら塗ったところが赤く腫れた・かゆくなった

 

といった、効果が得られなかったり使ってみて失敗した・・・、という点かと思います。

 

では、ホワイトラグジュアリーは一体どんな人に合わないのでしょうか。

 

数日や数週間使ったくらいで、効果を感じないと思う人は、単純に使用している期間の問題だと思いますので、もう少し続けて使ってみてくだい。

 

ですが、しっかり使い方も守った上で、2,3カ月朝晩塗り続けてもイマイチ効果を感じれない人は生活習慣を今一度見直してみることが必要かもしれません。

 

 

肌トラブルは生活習慣の乱れによるもの

 

お肌トラブルって、黒ずみのほかにもいろいろあるかと思います。

 

その多くは、食生活や睡眠、ストレスなども直接的に大きく関わってきますし、女性の場合は妊娠や生理などのホルモンバランスの乱れが起こると影響しますし、過剰なダイエットも肌トラブルの原因になることがあります。

 

ではここで、おすすめの取り入れるべくおすすめの生活習慣についてご紹介させていただきたいと思います。

 

 

エアコンなどによる強い乾燥からお肌をプロテクト

日中は、紫外線や大気汚染、エアコンによる寒暖差や乾燥など、さまざまな外的刺激を受けやすい状態になります。

 

お肌をきっちりプロテクトして、外出に備えることが大切になります。

 

 

カフェインは就寝4時間前までにとる

メラトニンの分泌によって体温が下がり、深い睡眠へと導いてくれます。

 

コーヒー、紅茶、緑茶に多く含まれるカフェインは眠気を覚ます効果があり、メラトニンの分泌を抑制するので、就寝直前のカフェイン摂取は良質な睡眠を妨げます。

 

 

寝る3時間までに晩御飯をすます

寝る直前は、寝ている間も消化活動が行われるため、内臓が休まらず浅い眠りになってしまいます。

 

また、22時以降に食べたものは、脂肪として蓄積しやすく太りやすいので注意が必要になります。

 

 

就寝前のパソコンやスマホは禁止

光の刺激が目に入ると、メラトニン分泌ががくんと低下して興奮状態になります。

 

中でも、パソコンやスマホに含まれるブルーライトは強い光なので就寝前のメールのチェックは避けましょう。

 

夜は関節照明で過ごすのがおすすめになります。

 

 

寝酒はやめる

カフェイン同様、メラトニンの分泌を下げるのが、過度のアルコールやたばこになります。

 

酔っぱらうと眠くなると勘違いしがちですが、実は睡眠が浅くなってしまうので、寝る前の飲酒は控えましょう!

 

 

筋トレやエクササイズは夕方にする

交換神経が活発に働く夕方は、運動のベストタイムになります。

 

心拍数や筋肉の血流量が増加して体脂肪の燃焼が盛んになりやすいため、ダイエットに最適です!

 

反対に夜は運動には不向きになります。

 

 

お風呂は就寝2時間前までに済ます

深い眠りにつくためには体温が下がることが必須なので、入浴は就寝1時間〜2時間前までに済ませましょう。

 

入浴後は自然に体温が下がり脳がお休みモードに入るため、安眠につながります。

 

 

お肌を鎮めて修復、夜のスキンケアを

リラックス効果の高い香りやお肌の修復力を後押ししてくれる夜用のスキンケアで、睡眠中の肌修復のパフォーマンスを上げましょう。

 

22時から1時は乾燥タイムなので保湿も強化されます。

 

 

寝ている時は部屋を真っ暗にする

眠りについた2時間後あたりに、成長ホルモンが分泌され、肌の修復力はピークになります。

 

ただ光を浴びると、睡眠を促すメラトニン分泌量が下がるので、寝るときは室内を真っ暗にしましょう。

 

 

上記をすべて実践することは正直難しいかと思います。

 

それでも、どれかひとつでも普段の生活に取り入れてみることで、生活習慣はいい方向に向かっていきます。

 

ホワイトラグジュアリーを使う時は、今までの使い方はもちろんのこと、普段の生活習慣をリセットして、しっかりと正しいケアをしていくことが、お肌の黒ずみを解消すしてくれる近道となります。

 

効果を実感するためにも、当てはまるNG行為があれば今すぐにやめて、しっかり自分のお肌の問題と向き合っていきましょう。

 

 

>>ホワイトラグジュアリーは効果あり?なし?|TOPページ<<