ホワイトラグジュアリープレミアム,口コミ

【シミ・黒ずみをケアしたい】初めての美容皮膚科でドクターを選ぶポイント!

 

シミを確実に素早く安全にケアしたいなら、クリニックやドクター選びは慎重にすべきです。見極めるポイントはどこにあるのかご紹介致します!

 

 

初めての美容皮膚科。ドクターを選ぶときはここを考える!

まず頼りになるのは口コミになるかと思います。とはいえ、そのドクターや施術内容が友人には合っても自分には合わないことももちろん考えられるので見極めは大事になります。

 

いかに早く治せるかは、ドクターの親身なカウンセリングが重要になるかと思います。見た目だけではなく、生活習慣や顔のクセから全方位で、3Dで何をすべきかを選んでくれると安心ですね。

 

あるクリニックではカウンセリングは数秒で「シミには絶対この施術!」と押し倒され、もう少し話しを聞いてほしいのに・・・。となってしまうようなとこもあるみたいです。また、値段だけで決めるのも危ないです。私の友人が通ってるクリニックは1回8万円のレーザーで施術してもらってるみたいです。

 

一見コスパが悪そうですけど、レーザーって経年変化で劣化して効き目が悪くなるというドクターのこだわりで、常に最新機器に入れ替えている結果みたいです。だからお試し2000円とかでキャンペーンをしているところは、中古を安く購入して施術している可能性もあるらしいです・・・。

 

何回通っても効果を得られないなら、高くても効果のあるほうがいいですもんね。周りにクリニックブレーンがいない場合は、雑誌やホームページを見てドクターとフィーリングが合いそうか、適正金額かを参考にすることがおすすめです。

 

施術前後の写真がやたら載っていて不信感を覚える人はそのクリニックを選ばなければいいですし、逆にそれがわかりやすくていいという人もいます。さらに見るポイントはドクターの肩書です。皮膚科医ならシミなど表面にあるトラブルをケアするのが専門ですし、形成外科なら造形を変えるのが得意です。症例数が多ければ信頼性も増しますよね。

 

 

レーザー、光。何がどう効くの??

ずばりレーザーと光の違いは照射する波長です。レーザーは狭い空間と短い時間にエネルギーを集中させることができるので、より深いところにあるメラニン色素を破壊して、濃いシミやホクロを目立たなくします。

 

もとは刺青を取るために開発されたQスイッチYAGやQスイッチアレキサンドライトレーザーなどが代表格になります。1ショット数千円でゴムがはじけるような刺激はあるけどその分効果は高いです。約1週間テープを貼って紫外線から守らないといけないから、結婚式前の人は最低でも式の1カ月前までには計画的に受けましょう!レーザーにビタミンC導入を組み合わせたものは赤み肌にも効きます。こういう組み合わせもドクターの知識やセンスによるものが大きいです。レーザーに権威であるドクターによると、海外ではレーザーや光は【点】ではなく【面】で打って隠れシミもケアするのが主流だとか。

 

光は、広範囲に照射できるのでくすみだけでなく、肌代謝を上げたいときに最適です。IPLのフォトフェイシャルや、日本人用に開発されたライムライトがあります。

 

ただ、妊娠中はメラニン細胞を刺激して過剰になるからシミケアをしても効果が薄くなります。ホルモンバランスが妊娠前の状態に戻る産後6カ月くらいからからがおすすめです。紫外線量が減ってメラニンの活性がおち着き、肌が安定する秋以降光治療を受けるのがベストです。光治療はクリニック入門に適した施術になります。特にフォトフェイシャルは美容医療創世記からある治療で、くすみだけでなく、肌質を高めたり、コラーゲンの再生を促したり、色質のケアができます。くすみはもちろん、継続するとシミも目立たなくなっていきます。

 

 

クリニックでの治療となると、どんなに安いところでも最低でも5万円ほどは掛かってしまいます。黒ずみは気になるけどそこまで費用と時間をかけたくないという方は、当サイトでおすすめしているホワイトラグジュアリープレミアムをお試しいただくことをおすすめ致します^^

 

>>ホワイトラグジュアリーは効果あり?なし?|TOPページ<<